2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月27日 (土)

人は人を支える為に生きる

旦那が5ヶ月間の住み込みトレーニング&勉強&テストを終えて
カルフォルニアに帰って来た。
ジョージア州でのほぼ監禁状態のような生活から解放され
そして、一つのことをやり遂げた彼は
とても晴れやかで、そして 輝いていた。
私もはれて孤独なアメリカ生活に終止符だ。
とはいえ孤独な生活にもなれはじめ
一人で過ごす楽しみを見つけはじめた今日この頃、
久しぶりの二人の生活で少し不安があったものの
人って誰かの為にいきているんだなー
っと実感。
自分の事だとぐーたらなのに
誰かがいるだけで "しゃん" と生活したくなる。
今日は新しい職場に初出勤だった旦那は
朝早く家を出て電車に乗る予定だった。
ところが
xxx持ってくるの忘れちゃったよーっどうしようcoldsweats02
という電話がかかって来て
眠かった私の脳はすっかりハイテンション
私「次の電車は何分?今から車で持って行ってあげるから!」
旦那「次の電車は.....20分後cryingこれに乗ったらまにあわないー!あー!」
とパニくる旦那に
私「今から会社に行く支度して車でサンフランシスコまで走らせるからそこでまってて!」
突然洋服を着替え顔も洗わず髪もとかさず(あっこれはいつもの事かcoldsweats01
旦那の忘れ物を持って速やかに家をでた。
自分の事だったらこんなに素早い動きできないなー
サンノゼ駅で旦那をひろってすかさずハイウェイでサンフランシスコまですっとばす。
朝っぱらから睡眠を奪い取られたのにもかかわらず
旦那の初出勤が遅刻にならないように、
人とは、、、
がんばれるんですねぇー。
無事出勤時間前にオフィスに到着。
そのあと、また来た方向へ戻り
今日は私も早めの出勤。
この5ヶ月間自分の為だけに生きてきたけど
誰かの為に何かをする事は
生きる活力になるんですね。
今日つくづく感じました。
人は人を支える為に生きる。
そうつくづく感じた朝でした。

2010年3月 6日 (土)

天地明察

とうとう終わってしまった。。。。
あまりにも夢中になり、
そして
一気に終わらせてしまうのがもったいないがゆえに
ちょっとずつ進めた。
そして、それはいつも風呂の時間に進められ
バスルームという、その閉ざされた空間が
よりいっそう私の空想を豊かにさせた。
そう、私の心を虜にしたもの
それは、
天地明察という冲方丁筆者の江戸時代に生きた、とある男の物語。
もともと本を読みはじめたのは
アメリカでの孤独な生活を読書によって少しでも薄らぐといいな、と
一人で過ごす時間の有効的な使い方として
読みはじめただけだったのだが、、、
あまりにも面白かったがゆえに
この先が怖い。
これより面白い本を見つけられるだろうか、という恐怖。
せっかく本を読むことで
一人の時間を楽しみたいのに
次の面白い本が見つからない事には
一人の時間が楽しめないー!
ところで、
私のイメージから時代物がとても不思議な組み合わせに思われる方もいるかとおもわれますが
実は私
昔っから江戸時代ファンなのをご存知でしたか?
中学生の時は銭形平次が大好きで
毎日授業が終わると急いで家にかえって
夕方から始まる銭形平次のテレビ番組をかかさず見る。
という青春時代を銭形平次に捧げていたようです。
中学校の頃は男の子にモテて時々告白されたりなんかしてたけどな。さすがに銭形平次にはかなわないですな。まったくクラスメイトの男子に興味なし。
修学旅行で京都、奈良に行ったときは
うれしくて、うれしくて、、、
映画村で銭形平次の部屋で写真とって大はしゃぎだった。
もちろんブロマイドも買った。
しかしながら今思うと
中学生が銭形平次のブロマイドって
あんた、ちょんまげ男のモノクロ写真ですぜ。
変な中学生だったな、、、
そのブロマイドはかなり長期間持ってたけど
何度目かの引っ越しで数年前に
捨ててしまったきがする、、、、
とっておけばよかった!
ちなみに時代は少し後になりますが
私の一番好きな作家は夏目漱石!
専門学校の時の本の表紙のデザインはもちろん
夏目漱石の「こころ」「三四郎」「それから」ですから!
そんな私に
夢中になれる本を紹介してくれー!

2010年3月 3日 (水)

ヨガで見た風景

日本でもヨガは人気みたいだけど
こちらもサンフランシスコを中心にヨガが盛んです。盛んな理由はどうやら有名なヨガの先生がこぞってサンフランシスコに集まっくるようで、盛んってもんじゃないです。どこもかしもヨガ教室だらけです。スターバックスよりヨガ教室の数の方がありそうな勢いです。
そんな私も週に一回ヨガに行ってます。
私のお気に入りはホットヨガ。サウナみたいな暑い部屋で一時間半、先生の指導のもとヨガのポーズをとります。
すごい汗がでます。
どんなに激しい運動をしても
サウナや温泉にはいっても、
こんなに汗をかく事はない、
というほど汗ダラダラです。
いつもはBikramというタイプのヨガクラスに参加しているのですが、Vinyasa というクラスを体験してみたくて行ったら、その日はなんと有名なヨガの先生が生演奏者と共に、このヨガ教室にやってきたそうで、受付の人に今日はスペシャルクラスよ!と言われた。
せっかく来たのだからと思い参加したものの
皆、ヨガ熟練者ばかりのようで
すごい高度なポーズを皆さんとってまして、
体の固いわたしは恥ずかしいばかり、、、、
ついつい周りのひとのポーズがきになっちゃって、、
だって、みんなのポーズがあまりにも衝撃的なんですもの。
普通、ヨガのポーズってこんなイメージじゃないっすかー、
Vinyasa_yoga
でもそのスペシャルクラスの生徒達はこんなポーズをおもむろにしはじめるんですよー
Pose_01
ヨガ歴の浅い私としては、ただのブレイクダンスのB boyが踊ってるポーズにしか見えないんですけど。。。これとか、、、
Pose_02
ブっブレイクダンス?!
と初めて見る私はびっくりしたのなんの。
とはいえ、
ギターの生演奏と二人の美しい歌声がくりだすハーモニーに合わせてヨガのポーズをとる、というクラスだけにここちよく時間は過ぎてゆき、、、、
最後は横になり、「relieve from your stress~」とかなんとか言われ、リラックスした途端、 突然涙が溢れでてきた。
そして突然
"自分自身を空から眺めている感じ"
といいましょうか、
自分を客観的に見た瞬間がありまして、
カリフォルニアの空の下で、しかも真っ昼間に床に横になっている自分がとても不思議に思え、
それなのにとても心地よくて、、、、
すごく不思議な体験をしました。
そのクラスの後、気持ちが晴れやかになり
孤独とか、ネガティブな気持ちとか
一気に吹っ飛んでしまい、
とても晴れやかな気持ちで家に帰りました。
あの瞬間に見た客観的な自分、
衝撃的で
そして
印象的で
そして
心地の良い風景でした。

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »