2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2010年7月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年8月11日 (水)

駅から始まる素敵なアメリカ

こないだ会社で嫌な事があって帰りの駅までの道のりを
のらりくらりと歩いてたら
おじいさんに、「ずいぶん悲しそうな歩き方だな!」と言われた。
アメリカ人は他人に気軽に話しかける。
あまりにも会社の事がストレスだったので
「はい、そうなんです。会社で嫌な事があって、、、」
とグチをもらすと、
そのおじいさんに、
「人生は自分がハッピーと思うようにしないとハッピーにはなれないんだよ」
と言われた。
私のアメリカの好きなとこはこんなこと!
見知らぬ人同士で素敵な会話が成立するbud

別の日にまた会社で嫌な事があった。
家に帰ってもずっとイライラ、、、、
翌朝、憂鬱ながらも出勤のため電車にのり
いつものようにPalo Altoの駅を降りる時、
「あら!ずいぶん大きな荷物ね!」と
私のもっていた大きな荷物をさして
電車に乗っていた知らない女の人に微笑まれる。
すかさず、「これ、実は重くないんですよ!」
と返事をする。
憂鬱が和らぐ。
人間って以外に単純に憂鬱が和らぐのね!rainsun

少し前の週末、友人と会う為に電車に乗って
マウンテンビュー駅で降りようとすると
同じくマウンテンビュー駅で降りる
日に焼けた爽やかな白人男性が、
「素敵なジャケットだね!」と褒めてくれる。
彼は小学生ぐらいの二人の娘と息子といっしょに
これからマウンテンビューの駅の通りにあるビーズ屋さんで
ネックレスやブレスレットを子供達と作りに行くそうだ。
娘が「このネックレス私がつくったの!」と
私に自慢する。
晴れやかなアメリカでの週末のはじまり!fuji

Palo Alto駅からすぐのスタンフォード大学
P1080040

会社のサービスがアップルコンピュータでも使えるようになったお祝いで
社員一同、アップルパイにありつく。
だじゃれ好き?
P1080038


2010年8月 6日 (金)

アメリカはデザインセンスを失う国?!

アメリカに来てからというもの
大好きだったHip Hop や R&B、
それからファッションに興味がなくなってしまった。
それだけではない、電化製品とかITの流行ものとか
ウエブサイトにも全く興味がなくなってしまったので
デザイナーとしてかなり困ってます。
デザイナーは常に”今”の空気を読んで
かっこいいデザインを吸収する。
その敏感な感覚はデザインにとても影響するーーー。
だのに、だのにー
全然興味がなくなってしまったー。
これは年齢のせいなのか、
はたまたアメリカに住んでいるせいか、、、
私的にはアメリカに住んでるせいと踏んでいるのですが、、、
どう思います?
だって、アメリカ人は全然デザインに対するセンスがない!!!
というか興味ない!!!
そして、普通に暮らしてると
そういうデザイン的な情報が全く入ってこない!!!
あぁアメリカという所はデザイナーが成長しない国なのでしょうか。
特に家を購入してからというもの
部屋をどんな風にもっと素敵にできるかってことばかりに興味が湧いちゃって。。。
家のデコレーションもまぁデザインだけど、
自分の仕事に役に立つ情報では全くないです。
でも、でも!お家のカーペットを木の床に張り替えたり、
壁の色を変えたり、
ウォークインクローゼットをもっと充実させたり、
あー家の事を考えると幸せ&楽しすぎる!!!
アメリカで人気のテレビ番組で
お家を買ったりリフォームしたりする
専用のチャンネルがあるんだけど、
それ見てるのちょー楽しい!!!
http://www.hgtv.com/
最近、デザイナーとしての寿命を感じつつあるsadominです。

Dsc_6248
↑↑↑↑↑↑
家の玄関前にたたずむ親指ぐらいの小さなカエル発見!

2010年8月 3日 (火)

本当の自分はどこ?

日本人は往々に自分の弱い部分を見せることに
ためらわない傾向があるように思えるし
かくいう私も自分の悩みや不満は簡単に打ち明けてきた。
それとは逆にアメリカ人は
本当の心情を簡単に語ったりしない。
決まっていつも元気だの、
楽しいだの言って
ポジティブな話を沢山してくるから
この人たちは本当にポジティブだなぁー。
私も見習わなくちゃ〜などとと関心していたのだが
あれは一種の自分演出なんだな〜と最近気づき始める。
なんといっても
ここシリコンバレーは弱肉強食の世界
ビジネスで成功するか廃れるか。
皆、自分を大きく見せて沢山お金を稼ぐことに必死。
お金を稼ぐ人たちとそうでない人の生活水準が
天地の差だから、彼ら彼女らが自分の弱い所を見せる
ことは成功の妨げでしかない。
潤った生活がしたければ
同僚はライバルでしかない。
だから彼らは自分演出を欠かさない。
そんな上辺の演出にだまされて感心していた私も
もう、彼らの演出を真に受けてジャッジしないし
私も多少なりとも演出しておかない事には
逆にバカにされてしまうので
最近自分をよく見せる演出を実行中。
さらには自分の間違えをいかに自分の間違いではないように
ふるまうと意外にも周りの人は
納得したりする。
しかし、こんな事ばかりしていたら
日本人とは一緒に働けなくなりそうだ。
先日十年以上日本に住んでいる人と何人か話す機会があったのだが
アメリカ住民歴が浅いわたしからすると
彼女達はすでにアメリカ人化してるように思える。
私を含めアメリカに住む日本人は
日本人でもなくアメリカ人でもない
”私”という個人の国で生きてゆかねばならない。
だから、久しぶりにアメリカから日本に戻って来た友人がいたら
優しくしてあげてね。
私たちは違う言葉、違う価値観に惑わされ
本当の自分をみうしなってしまいそうなんです。

« 2010年7月 | トップページ | 2011年1月 »