2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月25日 (金)

「The Social Network」facebookの魅力 -Part 1-

こちらアメリカでFacebookは不動の地位を築きはじめています。
みなさんはFacebookをお使いですか?
日本でいうところのmixiみたいなものですが
これほどまでにアメリカ人を魅了するFacebook
日本人の皆様はなぜFacebookがこんなにも
人々を魅了するのか、mixiとどこが違うのか?
疑問なのではないでしょうか。

映画、The Social Network
ソーシャルネットーワーキング見ましたか?
あの映画はFacebookのCEOマーク・ザッカーバーグが
今日まで築き上げたビジネスの誕生から成功、
その成功からおこる裏切り
ありとあらゆる事実がリアリティーショウのごとく映画かされています。
今までの映画の常識を全く覆した映画と言えましょう。
ブラピとかレオ様みたいな主人公じゃないからね。
かっこよくないし、おしゃれじゃないし
めちゃくちゃ早口だし。
私はこの映画が好きです。
しかし、同じような世界で生きている
ここシリコンバレーのエンジニア君達にはいまいちな評価のようです。
ジェラシーなのか、はたまた現実は映画のようではないと
歯がゆい気持ちでいるのでしょうか。

今までの映画の価値観を覆している事のひとつに
めちゃくちゃ早口でしゃべる主人公ってのが話題になりました。
私はあの映画の主人公の早口が話題になるまで
毎日会社で似たような口調でしゃべってる
エンジニア君達に囲まれて過ごしていたせいで、
気づきませんでした。
そう、ここシリコンバレーのトップエンジニア君達は
めちゃくちゃ早口です!
しゃべりも早いが動きもはやい!
そして仕事もめちゃくちゃ早い!
もちろんキーボードをうつ姿は神業です。
ときどきねずみを想像させます。
もちろんスポーツなどしないので
ひょろっとした生っちょろい肌をしているか
太っちょの生っちょろい若者達ばかりです。

もちろんファッションには気を使いません。
なぜか裾がくるぶしあたりまでしかない短めのズボンにビーサンです。
もちろん冬でもビーサンです。
しかし!なぜか、Tシャツにはこだわりがあるようで
面白いメッセージのあるTシャツをを好んできてます。
彼らのTシャツのメッセージを読むのは楽しみの一つです。
かなりオタクなメッセージですが。。。

これからはこんなオタク君達が素敵な男性の代表になるのかもしれません。
彼らは自分の世界に没頭しているから
端から見ていたら魅力満載です。

次回はなぜアメリカ人が夢中になるのかをご紹介したいとおもいます。

2011年2月18日 (金)

即決シリコンバレーの解雇方法!

いや、シリコンバレーは恐ろしいところです。

会社のとあるチーム二人から
とあるプロジェクトのデザインのリクエストをうけた。

急なスケジュールのリクエストだったので
納期に間に合うように
その日の夜は遅くまで
そして翌朝も早くから出勤。
カゼをひいてしまったらしく
吐き気をもようしながらも
働きつづけた。。。。。

がんばったかいあって
満足の出来happy01
ミーティングまでに間に合った!
その出来映に自画自賛しつつ
いざミーティングへ!

ミーティングルームには私が一番乗りだ!
待ってる間、どう説明しようか昨日から考えていた台詞を頭の中でくりかえす。

まだこない。
そうだ!
今のうちに皆が見れるように
自分のコンピューターを取り付けの大きなモニターに映し出しておこう!


準備万端!
いつでもかかってこい!


。。。。。。


。。。。

えーっと、、、

、、、、、


おーい!pout


まてどくらせど二人は現れない。。。。。

pout

来れないなら前もってメールしてくれれば良いのに!pout
と怒りながら二人にメールする。。。。。


すると、
二人のマネージャーからメールが返信。

"もうかれらは当社の人間ではない。"


????


意味解らぬまま、席に戻り
怒りをマネージャーに
ぶつける。
期限に間に合うようにつくったのに
二人はどこいったんですかっ?!pout


ずらずらと説明されたが
理解しないまま
席にもどり
もう一度メールを読む。。。。。

。。。。。

coldsweats02

もっもしかして
グビ?!!


ガーン!coldsweats02coldsweats02coldsweats02

そんな簡単に突然人が消えるシリコンバレービジネス、、、、


おっ恐ろしやシリコンバレー。。。。
coldsweats02

2011年2月 5日 (土)

アメリカ人の日本の魅力

アニメ、ゲームをはじめ、車とか、緑茶、寿司それからファッションなんかも。
あぁ、あと忍者ね。侍系映画ね。
彼らの身近な日本の好きなとこ。
寿司屋に行くとメキシカンのニーちゃんが
寿司にぎりながら「らっしゃい!」
っていう光景、日本に住んでたときには思いつかなかったなぁ。
黒澤明がアメリカ人からこんなにも崇拝されてるとはしらなかったなぁ。
消しゴムの素材で作られてる食べ物のミニチュアとか
携帯も完全に日本の歴史をたどってるね。
数年前の日本を再現しているかのようだ。
そんなだから、日本に尊敬のまなざしをむけている人々は多い。
なのに、なぜに誰も私個人には興味を示さないのか、、、
そんなに魅力のない人格なのかと思うとちょっと落ち込みます。はい。
しかし、そんな尊敬のまなざしをむける若いアメリカ人が増えている中
一方で少し年齢が上のビジネスマンなんかは
逆に日本から興味を失っているのも事実。
バブルの前の日本なんかは
ビジネスを専攻するアメリカ人には魅力の国だったようで
どうやったらあんな風に経済成長の発展を急速に進められるのか
そんな魔法の国、日本から、中国に興味が移ってしまったようで
寂しい限りですね。
ビジネスの尊敬からエンターテイメントに移り変わった日本の魅力
ですかね。

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »