2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 恋の季節 | トップページ | 木にまとわれたカラフルニットの正体 »

2012年3月28日 (水)

甘酸っぱくも短かった二十歳の恋

錦戸亮への恋心が散ってもなお
春の虫の代表者
恋虫さんは
私の心をいつまでもむずむずさせる。

そんな心のむずむずと鼻のむずむずは
花粉のせいと決めるにはせつなすぎて
過去の恋を振り返えらせる。

そして、振り返るといつも
そこには
甘酸っぱくも短かった二十歳の恋。

やすおちゃん、今なにしてるのかな〜
私が結婚してアメリカに引っ越ししたように
やすおちゃんも結婚してお父さんとかになってるんだろうなぁ〜

成人式の後、二人で海を見ながら将来の話したね。
私はキャリアウーマンでバリバリに働きたいって意気込んでて
やすおちゃんはずっと波乗りしてて
私が稼いで、やすおちゃんは専業主夫がいいってcatface

そんな感傷に浸っていたら、
はっ!っと、気づく。。。。

もしかしたらやすおちゃん、私をググッてるかも!
と、とてつもなく極端思想(笑)

こんなときインターネーットの時代に生きててよかった〜
と思う追求心を満たしてくれるGoogle検索さま再登場〜。

早くやすおちゃんに会いたい!っとはやる気持ちで名前をググったり
Facebookなら実名使ってるであろうと探してみたり、、、
そして
思いだした、、、、

同姓同名の政治家がいることを。。。。

検索で出てくる写真には、でかでかと大きな真っ黒いほくろが、、、coldsweats02
僕を捜していますか?
とばかりに黒いほくろさんが主張している、、、

ちっ、違います!
君ではありません!!!
私がせつない気持ちで探しているのは
ほくろ君ではありません!

あと数日で4月。
シリコンバレーにも、
海の香りがハーフムーンベイから漂わせはじめてきました。

« 恋の季節 | トップページ | 木にまとわれたカラフルニットの正体 »