2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 甘酸っぱくも短かった二十歳の恋 | トップページ | 無い物ねだり »

2012年4月 1日 (日)

木にまとわれたカラフルニットの正体

家からほど近い商店街、小さなダウンタウンにあるカフェに行ってきた。
窓際に座りコーヒーをすすりながら
ふと外を見るとそこには商店街にならぶ木々達、、、
そのうちの一つに原色をつかったカラフルなニット編みに身を包むあったかそうな木が。

Nitters_00


朝晩はまだ寒いから寒さ対策か?
とおもいきや
どうやら木の前にある本屋さんで販売している
本のプロモーションの一部ようで

Nitters_01

お店のショーウィンドウに飾られた椅子や車いすにもニット編み。

Nitters_02

木にはタグがニットでくくってあり、

Nitters_03

祝、新書 EXTRA YARN
作 Mac Barnett
イラスト Jon Klassen

Book : EXTRA YARN

この本のイラストがまたかわいーんだ!

Extrayarn_amazon_3

じゃあ、このニットにくるまれた木は絵本の宣伝か?
なかなか粋な演出!もしくは、大胆な演出!
とお思いの方がいるかわかりませんが、
この木にカラフルニットを着せる行為、
実はニッターというグループが存在するらしく
密かにブームらしい。
ニッター達は木だけにとどまらず、
銅像の足にレッグウォーマーはかせたり
おきざりにされた自転車まるごと編み込んだり、
しいては戦車にまでニッティング!
(コピーライツの関係上写真をお見せできないのが残念です!)
ここまでくると社会的メッセージが見え隠れしますね、このニッター達から。
ただし、公共の物に勝手に編み込むがゆえ
違法行為になるらしく、彼女、彼らはどこからともなく
かぎ針を手にこっそりと編み込んでは世界平和を願って?
闇夜に編み消えてゆくー

« 甘酸っぱくも短かった二十歳の恋 | トップページ | 無い物ねだり »